読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士の就職・転職活動に有利な資格の最新情報!

保育士であり2児の母である管理人が、実際に保育士の就職・転職活動で有利に感じた資格の取得の仕方、最新情報をお伝えします!!いざ就職・転職したいというときに、希望の保育園へ就職しやすくする資格を持っているととても強みになりますよ!ブランクが不安な潜在保育士さんにもおすすめです!

適応障害からの保育士への復職は可能?

精神疾患は保育士の職業病!?

 

「おんぶや抱っこで腰痛」

「トイレに行く暇がなく膀胱炎」

「早食いで肥満」

 

これらは、

保育士の職業病といわれますが、

保育士の最大の疾患は…

 

うつ病適応障害などの

精神疾患だとも言われています。

 

サービス残業や持ち帰り仕事など

ハードスケジュールに加え

ストレスフルな人間関係が重なり

精神疾患を発症してしまう

保育士さんって本当に多いんです。

 

こういった精神疾患にかかりやすい

保育士さんの特徴として…

 

◎責任を感じやすい

◎物事をまじめに考える

◎自分の中に悩みを抱え込んでしまう

 

等があります。

 

このような

精神疾患の内、適応障害とは

「何らかのストレスによって

 精神面や情緒面に問題を抱え、

 日常生活に支障がある状態」

というような定義がされています

 

たとえば、

仕事場で日常的に理不尽に叱咤される

というストレスによって、

自分で自分の感情や行動のコントロール

できなくなってしまう。

 

仕事場で子供の前なのに、

意味もなく涙が止まらなく

なってしまう。

 

このような症状が当てはまります。

 

また、この適応障害は、

うつ病等の重大な精神疾患

前段階の状態で、適切な治療を

おこなう必要があると考えられて

いる疾患です。

 

保育士の適応障害を改善するには早期治療が有効です

 

そして、

早期に適切な治療をおこなえば

改善して再び保育士として

復職することは可能です!

f:id:flowering-chamomil:20170313221042j:plain

治療には、

1.ストレス要因を取り除き

2.心と体をゆっくり休め

3.必要であれば向精神薬など

が有効だといわれています。

 

 

適応障害を放置して、

鬱などを発症してしまうと、 

完治するまでに長い時間が

必要となります。

 

ぜひ早期発見、早期治療を

心掛けて、一度改善した場合も

再発させないように無理をしないで

下さいね!