読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士の就職・転職活動に有利な資格の最新情報!

保育士であり2児の母である管理人が、実際に保育士の就職・転職活動で有利に感じた資格の取得の仕方、最新情報をお伝えします!!いざ就職・転職したいというときに、希望の保育園へ就職しやすくする資格を持っているととても強みになりますよ!ブランクが不安な潜在保育士さんにもおすすめです!

保育士の資格取得試験はどんなもの?

保育士になるための保育士資格試験とは?

 

ひとつ前の記事でもご紹介した、

保育士になるための方法ですが…

 

保育の専門学校・短大・4年制大学

入学して卒業する以外では、

保育士の資格試験を受験し合格する

必要があります!

 

では、

この保育士試験とはいったいどのような

試験でしょうか?

 

 

一般財団法人全国保育士養成協議会

という団体が実施している、

保育士資格とう国家資格を取得する

ための試験です。

 

ただ、

保育士資格がなくても未就学児の

保育には当たることができますので

「保育園で保育の仕事をする≠

     保育士の資格が必要」です!

 

保育を一生の仕事にしたい、

正社員として働きたいと考えている

ならばぜひ取得しておいて損はない

資格です。

 

 

保育士試験の概要

 
☆筆記試験科目

 

  1. 保育原理
  2. 教育原理及び社会的養護
  3. 児童家庭福祉
  4. 社会福祉
  5. 保育の心理学
  6. 子どもの保健
  7. 子どもの食と栄養
  8. 保育実習理論

 

全科目6割以上正解で合格

(3年間の合格科目繰り越しができる)

 

筆記試験に合格すると

実技試験を受験できます。

 

☆実技試験科目

 

①音楽表現に関する技術
②造形表現に関する技術
③言語表現に関する技術

以上の3分野から2分野を選択。

2分野ともに30点以上の得点で合格。

 

 

☆日程

 

前期

申し込み期間 1月

 

筆記試験 4月

合格発表 6月

 

実技試験 7月

合格発表 8月 

 

 

後期(地域限定)

 

申し込み期間 

前期試験を受験していない場合は7月

 

前期筆記試験で不合格科目がある場合は

6月上旬に送付される用紙で申し込み

 

前期実技試験で不合格科目がある場合は

8月上旬に送付される用紙で申し込み

 

 

筆記試験 10月

合格発表 11月

 

実技試験 12月

合格発表 翌1月

 

後期には日程や試験内容を同じくして、

地域限定保育士の試験も実施されます。

 

地域限定保育士資格とは、

資格取得受験地の自治体のみで

保育士として働くことが出来る

資格です。

 

その自治体で3年間の勤務を行えば

全国で保育士として働くことが

できるようになります。

 

受験科目や合格科目の繰り越しも

保育士試験と共通して行う

ことができるのも魅力です!

 

f:id:flowering-chamomil:20170313221042j:plain

 

☆受験料

1回の受験料は12,950円です。

年2回受験しても3万円以下です。

 

この金額で一生ものの国家資格が

取得できるというのはうれしいですよね~

 

 

保育士試験の問題は

1問1問の難易度はそこまで

高くないのですが…

 

保育知識は保育の歴史や法律

栄養・実技など広範囲にわたり

全教科6割以上の得点が必要なため

合格率はなんと約10%です!

 

でも、1発合格するのは

10%以下の狭き門ですが…

 

3年間合格科目の繰り越しが

できるため、3年間粘れば

比較的容易に取得することが

できます。

 

 

※保育士試験の受験資格については

前回の記事をご参考ください! 

 

※実施日時や詳細は年度ごとに

変更になりますので、最新情報は

一般財団法人全国保育士養成協議会

公式HPから確認してください!

 

 ※幼稚園教諭免許を取得されている方は

 科目の免除がある可能性があります

 

保育士資格試験を受けるなら今がチャンス!

 

昨今の保育士試験を見ていると…

 

国は本当に保育士の人材が

欲しくて欲しくてたまらないんだなぁ…

 

っという思いに駆られます。

 

以前は年1回だった保育士試験を

年2回に増やす。

 

地域限定保育士資格の設定

試験の実施など…

 

ありえないほどに

保育士の数を増やしたがっている

というのが見て取れます。

 

ですので、

保育士の資格を取りたいと

いう方にとっては

チャンスです!!

 

ですが、どうしてこんなにも

保育士の数を増やしたいか??

 

といえば、

待機児童問題の早急な解消の為です。

 

でも、

保育士の資格を取得しても

「公立保育園でフルタイム正社員なのに

 手取りが16万円…」

なんて現状では保育士を続けたくても

保育士を続けられません。

 

自分一人を養えない給与では

家族を持つことも難しくなります。

 

保育士資格の取得を強化する前に

現職の保育士の待遇を改善して

離職を食い止めることが先決なのでは

ないかと思ったりしたり…

 

賃金だけでも看護婦並みに良ければ

保育士職に魅力を感じる若者って

多いと思います!!

 

ぜひ保育士の待遇改善を

みんなで声を上げてゆきましょう!!